交通事故に遭う確率は、実はかなり高いのです。

交通事故は他人事だと思われている人がいるとしたら、それは間違いだと言わざるを得ません。

生まれた時から車社会で育ち、成人する頃には免許を取得し、それから平均寿命程度まで生きて、免許を保有し続けたとしても、実に60年間も運転をする事になるのです。

少なめに見積もって仮に1年間に1万kmしか運転しなかったとしても、生涯では60万キロも運転する事になるのです。

地球の1周が約40,000kmですので、15週も回れる計算になります。実は私の叔父がある中堅の飲料卸業者の北海道担当でして、札幌に支店を構えて、約30年間道内を営業して回っていました。

その期間中の労働の多くは、道内の営業活動、出張旅行に費やされたのです。営業車を自身で運転し道内を回っていいて、30年の間には、ぶつかったという程度の軽微なものも含めれば、通産で5回事故にあったそうです。

彼はとても慎重な性分であり、慎重に運転していた事は容易に想像できます。運転が仕事のような日常であったとしても、それでも6年に1度は何らかの形で車をぶつけ、ぶつけられているのです。交通事故は誰もが起こしたくないものであり、巻き込まれたくないものです。

しかしながら、現代に於いては、これに遭遇する事は避けられないと考えるべきなのではないでしょうか。それを承知の上で、万全の慎重さを以って運転をし、手厚い補償を受けられる保険にも加入するしている必要があるのです。

交通事故は減らすことができます

参考情報→交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所