未分類

弁護士基準の重要性

交通事故で死亡した場合の葬儀代は60万円が限度となります。妥当であると認められた場合は100万円までは認められる点も覚えておいた方が良いでしょう。そして、これはあくまでも自賠責基準であるもので、弁護士基準の場合は150万円まで認められる違いがあります。死亡事故の逸失利益については、基礎収入から生活費を差し引いて計算されます。

 

給与所得者の場合は前年度の収入が基準となり、事業所得者の場合は職歴や稼働状況などを総合的に考慮されて基準が決まっていくものです。そして、一家の支柱が被害者となった場合は控除率40%で、独身や幼児を含む男性の場合は50%と最も高くなります。基本的に弁護士基準で決められることには全く損はありません。少しでも請求できる慰謝料が高くなった方が良いと考えるのは当然といえるでしょう。

 

面倒な手続きも全て弁護士が対応してくれるため、しっかり弁護士に依頼する点は意識した方が良いといえます。死亡事故の慰謝料は自賠責基準任意保険基準弁護士基準の3つの基準のどれで決められるかによって、数千万円もの金額差が生まれることもない訳ではありません。交通事故で死亡した場合は特に弁護士の存在が大きなポイントになるケースといえます。