未分類

遺族以外の対象に

基本的には交通事故で死亡した場合は、被害者の方と遺族が慰謝料を請求できます。ただ、関係が深い場合に限り、兄弟姉妹や祖父母や内縁の妻なども慰謝料請求が認められる場合もあるのが事実です。当然ながら、慰謝料を受け取る権利がある方が複数存在する場合、権利者間の調整が必要になります。

 

この権利者間の調整は非常に難しいものです。場合によっては数百万円もの金額差が生まれていくため、トラブルの原因となることは少なくありません。弁護士が間に入って調整を行うことで、トラブルを未然に防げるというメリットも大きいです。相続人になる順位や相続分については規定通りになるものの、トラブルは起こってしまうことは往々にしてあります。また、弁護士基準でないと大きな金額差が生まれるからこそ、弁護士に依頼をしないことがトラブルの理由になる可能性もあるのが事実です。何を請求できるかどうかを知るとともに、その上で慰謝料額を高くするための術についても知らないといけません。

 

一から調べて対応ができない訳ではないものの、労力を考えると弁護士に依頼した方が良いといえるでしょう。大切な方を失った悲しみの中で何から何まで対応するのは現実的とは言い難いです。こうした遺族の精神的な負担を軽減することを可能にするのが弁護士なのです。弁護士に依頼をする時はできるだけ交通事故案件の解決実績が豊富なところへお願いするようにしましょう。ちなみに弁護士へ交通事故相談ができる「アディーレ法律事務所」では、相談だけであれば無料で対応してもらえます。どのような雰囲気の法律事務所か最初は分からないでしょうから、こうした無料相談を行っているところで一度相談してみると良いでしょう。