カテゴリー: 未分類

未分類

遺族以外の対象に

基本的には交通事故で死亡した場合は、被害者の方と遺族が慰謝料を請求できます。ただ、関係が深い場合に限り、兄弟姉妹や祖父母や内縁の妻なども慰謝料請求が認められる場合もあるのが事実です。当然ながら、慰謝料を受け取る権利がある方が複数存在する場合、権利者間の調整が必要になります。

 

この権利者間の調整は非常に難しいものです。場合によっては数百万円もの金額差が生まれていくため、トラブルの原因となることは少なくありません。弁護士が間に入って調整を行うことで、トラブルを未然に防げるというメリットも大きいです。相続人になる順位や相続分については規定通りになるものの、トラブルは起こってしまうことは往々にしてあります。また、弁護士基準でないと大きな金額差が生まれるからこそ、弁護士に依頼をしないことがトラブルの理由になる可能性もあるのが事実です。何を請求できるかどうかを知るとともに、その上で慰謝料額を高くするための術についても知らないといけません。

 

一から調べて対応ができない訳ではないものの、労力を考えると弁護士に依頼した方が良いといえるでしょう。大切な方を失った悲しみの中で何から何まで対応するのは現実的とは言い難いです。こうした遺族の精神的な負担を軽減することを可能にするのが弁護士なのです。弁護士に依頼をする時はできるだけ交通事故案件の解決実績が豊富なところへお願いするようにしましょう。ちなみに弁護士へ交通事故相談ができる「アディーレ法律事務所」では、相談だけであれば無料で対応してもらえます。どのような雰囲気の法律事務所か最初は分からないでしょうから、こうした無料相談を行っているところで一度相談してみると良いでしょう。

 

未分類

弁護士基準の重要性

交通事故で死亡した場合の葬儀代は60万円が限度となります。妥当であると認められた場合は100万円までは認められる点も覚えておいた方が良いでしょう。そして、これはあくまでも自賠責基準であるもので、弁護士基準の場合は150万円まで認められる違いがあります。死亡事故の逸失利益については、基礎収入から生活費を差し引いて計算されます。

 

給与所得者の場合は前年度の収入が基準となり、事業所得者の場合は職歴や稼働状況などを総合的に考慮されて基準が決まっていくものです。そして、一家の支柱が被害者となった場合は控除率40%で、独身や幼児を含む男性の場合は50%と最も高くなります。基本的に弁護士基準で決められることには全く損はありません。少しでも請求できる慰謝料が高くなった方が良いと考えるのは当然といえるでしょう。

 

面倒な手続きも全て弁護士が対応してくれるため、しっかり弁護士に依頼する点は意識した方が良いといえます。死亡事故の慰謝料は自賠責基準任意保険基準弁護士基準の3つの基準のどれで決められるかによって、数千万円もの金額差が生まれることもない訳ではありません。交通事故で死亡した場合は特に弁護士の存在が大きなポイントになるケースといえます。

未分類

交通事故での死亡

交通事故に遭って死亡してしまう可能性は高くはないものの、誰しもに可能性はあるものです。この場合は本来被害者が受け取るべき損害賠償金を相続人が受け継ぐという形になるため、請求するのが可能となります。交通事故での被害で死亡した場合は、まずは弁護士に対応してもらう点を念頭に置いた方が良いでしょう。

 

死亡事故に対しての損害賠償金は多額なり、葬儀代や過失利益や被害者本人と遺族に対しての慰謝料となります。物損事故や後遺障害が残っていない場合に関しては、弁護士に依頼するメリットは少なくなるものの、死亡事故の場合は必要性が高まると考えて問題ありません。問題となるのはやはり葬儀代がいくらまで認められるのか、そして過失利益に関してはどういった計算となるのか、生活費控除率との関係といった点でしょう。

 

死亡事故で請求できる慰謝料の幅は広いといえます。それぞれについての専門的な知識を仮に弁護士に依頼するにしてもしっかり有した方が良いのは間違いありません。遺族の方にとって今後の人生を左右する出来事になるのは間違いなく、適切な対応をしないと後悔に繋がってしまいます。

 

当サイトでは交通事故で被害者の方が死亡した場合における請求できる慰謝料について解説をしています。弁護士基準ではより高額な慰謝料となるのが大きなポイントで、死亡事故の場合は特に弁護士の存在は必要不可欠なものと認識して問題ありません。肉体的や精神的疲労がある中だからこそ、弁護士の存在が大きくなるのも考慮すべきです。